FC2ブログ
実年齢より年上に見られる「老け顔」の悩みで、ヘアスタイルがいまひとつしっくりこないという方も多いでしょう。

「丸顔の人にこの髪型はNG」というものを見かけますが、髪型に「絶対NG」なんてありません。好みやセンスの問題であり、自分がどういうイメージにしたいのかを考えて選びましょう。

今回は、「丸顔タイプ」の老け顔をカバーする髪型についてお伝えします。


丸顔タイプの老け顔をカバーする髪型


● マッシュショート
● ひし形ミディアム
● グラデーションボブ
● ナチュラルロングヘア


関連記事





<老け顔のポイント> の案内板


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
HOME / カテゴリ / 記事一覧
老け顔 / 老け顔対策 / 童顔




 
★ 楽天カード


実年齢よりも年上に見られたり、「老け顔」でお悩みの女性は少なくないでしょう。

「丸顔タイプ」の女性の老け顔をカバーする髪型はいくつかありますが、今回は「マッシュショート」についてお伝えします。


マッシュショート


「丸顔タイプ」の女性の老け顔をカバーするオススメのヘアスタイルの1つが、トップにボリュームと丸みを持たせた「マッシュショート」です。「マッシュ」とは、「きのこ」のこと。「マッシュショート」は、きのこのように、サイドの髪が緩やかな丸いシルエットのショートヘアです。

顔を大きく見せたくないのが多くの女性の本音ですよね。ショートの女性の9割は顔を出したくないのです。マッシュショートは、顔周りを長めに残して、顔を包み込んだ髪型なので、丸いフェイスラインがキュートな印象を作り上げてくれて、思い切ったショートカットも良いですよ。

前髪は、実はちょっとしたコツで印象を大きく変えられるポイントなんです。前髪を作ると顔の横幅が強調され、顔型が短く見えて可愛らしい印象になります。ボリュームのある分け目のない前髪がポイントですが、シースルーやジグザクにしてみると、可愛らしさを表情豊かに表現できます。

また、奇抜な「ショートバング(前髪を眉上でカット)」や、「パッツン前髪」などは見た目が若く見える前髪です。逆に、「かき上げバング(かき上げた形の前髪)」や「やや長めのシースルーバング(束感のある前髪)」などは大人っぽい印象になります。

「黒髪はなんだか重い」という印象をお持ちの方は多いかもしれませんが、重いカラーだからこそ黒髪のショートに丸みを加えたマッシュにすれば、ボーイッシュに見えがちなショートヘアが知的でおしゃれな印象に仕上がります。「黒髪マッシュショート」は、ショートの中でも抜群に女性らしさを演出してくれる、魅力的なヘアなんです。


関連記事





<老け顔のポイント> の案内板


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
HOME / カテゴリ / 記事一覧
老け顔 / 老け顔対策 / 童顔




 
★ 楽天カード


カテゴリ  老け顔
ストレスと肌荒れの関係はよく聞きますね。ストレスを受けると、なんだか老けた気になりませんか?

あるアンケート結果では、ストレスを感じたときに鏡を見て、「なんだか老けた気がする」と感じたことのある人は、なんと「96%」にも達するそうです。

しかし、なぜ「ストレスを感じると老けてしまう」のか、その理由をご存知でしょうか。


ストレスと老け顔


いつまでも若々しさを保つために特に大切な事は、交感神経と副交感神経のバランスでしょう。

リラックス状態では副交感神経が優位ですが、ストレスを受けると交感神経が優位になります。交感神経の働きが一方的に優位になると、アドレナリンが過剰に作用して、血管収縮によって血流が悪くなります。血流の悪さは「肌ぐすみ」の原因にもなり、「老け顔」を作る要因の1つです。また、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、頭痛、腰痛などのリスクが高まります。

血行不良で注意しなければならないのは、身体をさびさせる「活性酸素」。活性酸素は、一度血流が停止した後に再び流れ出すとき(再灌流)に発生します。活性酸素が大量に発生するのは、例えば血栓、脳梗塞や心筋梗塞、外科手術、激しい運動などで血流が一時止まった後に再灌流(さいかんりゅう)した時などです。

この血流が再灌流(さいかんりゅう)した時に発生する大量の活性酸素は、末梢の血管や、組織、細胞を傷害します。この血流の再灌流時に組織傷害が起こる現象を「虚血再灌流傷害(きょけつさいかんりゅうしょうがい)」と言います。

この虚血再灌流傷害を防ぐためには、活性酸素除去酵素であるSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)などが投与されます。SODは、臓器移植で臓器傷害の軽減への応用が期待される酵素ですが、体内での吸収効率の向上が大きな課題でした。

腎臓は血液中の老廃物質をろ過した後、「尿細管」から必要な物質を再吸収しますが、尿細管はマイナス電気を帯びているため、SODは腎臓で再吸収されにくく、尿として排出されやすいという欠点がありました。京都大学の橋田充教授らの研究チームは、ネズミを使った実験で化学処理によりマイナス電荷をもつSODをプラス電荷に変えたところ、SODの吸収効率を約10倍に高められました。


関連リンク






<老け顔のポイント> の案内板


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
HOME / カテゴリ / 記事一覧
老け顔 / 老け顔対策 / 童顔




 
★ 楽天カード


HOME